3D-BRA(3Dブラ)でブラジャーのかゆみ、締め付け、苦しい知らず!

広告

フイット感が違う体に優しいブラジャー

直接肌につける、下着の縫い目やタグでかゆみがでたり、肌荒れしたりという悩みを持つ女性が増えています。胸や背中を大きく開けるファッションが流行る中で、ブラジャーも肌に優しいものを望んでいたら、セシール創業40周年記念として作られた、3Dブラジャーを見つけました。 3Dブラ

ノンワイヤーなのに、激しい動きにもピッタリフイット

3Dブラは、セシールが5年ほどかけて完成した苦労の作品です。売れているブラジャーの中で、半分以上が3Dブラジャーなのですよ。

実際手に取ってみると、子供の肌のように柔らかくソフト。

『ワイヤーで胸を支えるもの』という固定観念のある古い人間の私は、ワイヤーなしのブラにいささか不安な気分になります。たいして胸がなくても、安定感がない気がするのです。

でも、セシールの方に良く聞いてみると、体にフイットした形が胸を包み込んでくれて、美胸の効果もあるそうです。ブラジャーの丸みは、体のラインに合わせてサイドにまで丸みを付けています。体にフイットして、手を上に上げたり、激しく動いても、ずり上がる心配もありません。それなのに、締め付けられる圧迫感がありません。

スポンサードリンク

お肉の横流れを防ぎ、トップが家寄りなので、胸の谷間が若干深めになります。ワォー素敵!ちょっぴり、ボインになったかしらと嬉しい気分させてくれるブラジャーです。

横のベルトがきついために、脇が締め付けられて冷え性の原因になるといわれているのですが、よく伸びる横のベルトでしめつけ感を和らげています。肩のベルトも太めで、肩コリが気になる方にもぴったりです。ほら、こんなに伸びるんです。 3Dブラ

何枚も縫い合わせて胸の形を作る通常のブラと違って、縫い目が肌に直接当たらないので、肌が弱い方には安心。汗を掻いて弱くなった肌を縫い目がこすり、バイ菌が入ってくる心配もありません。

このセシールの3D-BRAは、デザインや機能ごとに14種類あるのですが、写真のものはスタンダードタイプ。胸の上の部分だけレースをあしらえたシンプルな形なので、薄いカットソーやシャツでも凸凹感無く着れそうです。

3D-BRAは、デザインや機能面から8種類ほどあります。ゴージャスに決めたい時には、全面にレースをあしらったプレミアムバージョンなどもあります。

スポンサードリンク