ベビーサインを使って、赤ちゃんとジャスチャーで会話しない?

広告

赤ちゃんには言葉を覚える前から、伝いたいことがある

突然の大きな鳴き声、お腹が空いているのか、眠いのか、どこか痛いのか、新米ママとパパは大慌てなんてことありませんか? ベビーサイン

ベビーサインという育児法って何

『ベビーサイン』という1990年頃から、アメリカで行われ始めた育児法があります。簡単なジャスチャーで、赤ちゃんの気持ちを知ることができるんです。

実は、赤ちゃんは、大人が言葉を使ってコミュニケーションをとっていることを早くから知っているそうです。ただ、発生するための口、喉、舌の筋肉の動きが難しいために、言葉を発生することができないでいるのです。

一方手や指は、かなり早い段階で動かすことできるようになっています。ママやパパが、赤ちゃんの目を見ながら、ジャスチャーを繰り返すことで、自然と意思を表示できるようになります。

好奇心いっぱいの時期は、吸収力も強いはず

そう言えば、赤ちゃんの中には、興味を持ったら手をおもいっきり伸ばしたり、『バイバイ』と言って手を振ると、手を振り返してくれることがあります。

そうそう、小さな赤ちゃんは好奇心が一杯。その証拠に、興味を持ったらなんでも触ってみたがるし、舐めてみたがる、そんな赤ちゃんからのサインがわかれば、赤ちゃんの世界を知ることができそうです。赤ちゃんが示す興味に、応えてあげられれば信頼関係も深まるし、吸収力の高い時期だけに、外部から学ぶ力も育っていきそうです。

スポンサードリンク

海外の研究によれば、ベビーサインをする子供は、言葉を覚えるのが早く、表現力が豊かになるそうです。また、IQもサインをしなかった子どもと比べると、15%も高いと言われています。 子供の写真

ベビーサイン公式キットひとつで、始められる

日本では、「吉中みちる」さんがベビーサインを実践し、2004年に「NPO法人日本ベビーサイン協会」を設立しています。「吉中みちる」さんは、ベビーサインに関する、CD、DVD、絵本などの教材を開発しています。

「吉中みちる」さんが監修した、ベビーサイン公式キットは、DVD、絵本、ガイドブックで構成されていて、家庭内だけですぐに実践できるようになっています。何処かへ学びに通う必要がありません。

ガイドブックで20個のサインの種類を知り、DVDで具体的な方法を学びます。絵本で赤ちゃんと一緒に、遊びながら練習を繰り返すといった教材で、ベビーサインの会話ができるようになります。DVDでは、実際にサインを行なっている赤ちゃんの映像が、収録されていますので、イメージがしやすいのも特徴です。

セットの内容は下記の通り。

  • 公式ガイドブック(全36ページ)
  • スペシャル絵本(全16ページ)
  • 入門DVD
スポンサードリンク