父の日の機能的な贈り物 ICカードのスキミング防止のウォレット

広告

防犯の提案とおしゃれをプレゼント

鉄道で利用するsuicaやpassmoが一般化されるにつれ、非接触型のカードの便利さは、誰もが知ることとなりました。キャッシュカードやクレジットカードも、またICカードを搭載して、かざすだけでお金を引き落としたり、買い物ができるようになってきています。便利ですが・・・ 駅の改札口

スキミング犯罪も様変わり

かつてのスキミングによる犯罪は、カードを磁気を読ませる機械の中に入れないと、磁気情報を読み取ることができなかったのですが、ICカードとなるとそうはいきません。混雑した電車の中やエレベータ内で、カードの入っているバックや上着のポケットにかさすだけで情報がスキミングされてしまうのです。

スキミングの恐ろしさは、本人が盗まれたことを知らないまま、多額の金額をATM等から引き出されているということです。

家に空き巣が入ったとか、財布をなくした場合は直ぐに気が付きますが、銀行に行ってATMを操作するまで、クレジットカードの利用情報が届けられるまでは、気づきません。銀行に預け入れしている金額は、通常持ち歩く額より多いですので、予想以上に大きな被害額になる事が考えられます。

スポンサードリンク
スキミング防止対策

スキミング防止の対策としては、耐磁性がある「ブリキ(スズをメッキした薄い鉄板)製」「金属製」のケースにいれておくと、情報を盗まれる危険性がないといわれています。

通勤で毎日、人ごみの中を歩くお父さんの場合は、特にスキミングに気をつけなくてはなりません。

スキミング対策がされた財布

特に胸ポケットに収まる大きさなので、男性の方にはおススメのスキミング防止の財布があります。セグリッド(secrid)社のカードプロテクターウォレットは、カードが6枚収納できて財布としても使えるものです。

セグリッドのウォレットは、アルミニウムカードホルダーで外部の電波を遮断して、カード情報が読み取られたり複写されることを防ぎます。その効果は、オランダの独立行政法人、TNOによって検査・検証されています。底のタブを引っ張ると、収納したカードが1枚1枚取り出しやすいようにスライドして出てきて、取り出しやすくなっています。

デザインがとってもお洒落。 実は、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターで行われる、世界最大のデザイン・コンテストで、レッド・ドットデザイン賞を受賞しています。この賞は、全世界から応募された過去2年以内に製品化されたデザインを対象とし、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性などの基準から審査され、それをクリアした作品にのみ賞が贈られるものです。

スポンサードリンク