普段着のようなファッションウィッグ

広告

女の命の髪のお手入れが、思うようにならない

くせ毛でセットがイマイチ決まらない、明るい髪の色にしたいけどダメージが気になる、薄毛を隠したい、白髪を隠したいと髪の悩みは尽きません。体調や年齢で、ツヤやしなやかさが現れるのも髪です。 カフェ

劣化しない、変わらないことへの安心感

頭に載せるだけで、手軽に好みのヘアスタイルや髪の色が手に入るウィッグは、こうした悩みを一気に吹き飛ばします。ワザワザ美容院に行く手間も、ヘアカラーによる髪のダメージの心配もありません。

ウィッグなら伸びて乱れることがありませんし、寝癖がついてしまうこともありません。ヘアスタイルの乱れは、対人関係を不安にさせます。相手の印象が気になってしょうがない時があります。印象が良かったウィッグをつけるだけで失敗したくない場面でも安心できるのも良い点です。

まるで洋服のようにウィッグを利用してしまう

気温や体調に合わせて洋服は選びますが、それ以外にもあります。出かける場所や、合う人に合わせたり、自分自身の気分もあります。ファッションは、着る方の気持ちがはつらつとしていれば、尚、綺麗に見えることを抑えておきたいポイントです。

洋服のように、ウィッグも利用すれば、気持ちがもっと明るくなりそうです。

同じ髪型にカットしても、髪質で印象が違う悩み

ボブと一言でいっても、髪質や色や長さ、切り方によって色んな表情を見せます。

街で見かけたちょっぴり生かしボブ、彼女のような髪型は、私の髪質では無理かしらと考えた瞬間、多くの女性は諦めます。当然、彼女が身につけていたコスチュームも単なるあこがれでしかなくなってしまうのです。既に、イメージ通りのウィッグが手に入れば、ファッションの幅も広がることになるのです。

フォーマルな場にそぐわない髪型

お硬い場所でのカーリーヘアに気が引ける事があります。

スポンサードリンク

私はくせ毛でナチュラルカーリーぽい髪形なので、お葬式などではちょっと浮きます。なるべくストレートになるように延ばすのですが、やはり駄目。こんな時、ストレートなウィッグがあれば、どんなに良いかと考えるのです。

もともと、栗毛色の髪をした女性も同じような事を言っていました。学生の頃は、つっぱっていると思われて、ちょっと怖いオネイサン達に目をつけられたと言っています。社会人になっても、栗毛色はやはり場にそぐわない時もあるのです。黒いウィッグが手軽に購入できる現在は、このような悩みが徐々に無くなるでしょうね。

別の人になりたい気分の時も

ぐっとムードのあるお店が、普通にできました。特別なパーティーとかでなくても、まるで、映画の中に入り込んだ気分にさせてくれる、アンティークなカフェや、路面に椅子やテーブルが置かれている開放的なレストラン。日常の生活臭から解放されて、別の人間に変身したい時、遊び心をくすぐられる女性用のウィッグが欲しいですね。

行きたかったお洒落なレストランで、なりたかった自分が食事をするという状況は、女性ならその気持ちが分かるはずです。

明るい髪の色を楽しみたい

髪を傷めるほど脱色しなければ地毛では出せない色、ハニークリームゴールドは、バカンスの時やリゾート地では、華やぐ気持ちを引き立てます。

現実的にココまで脱色することは、不可能。会社勤めの方は、周りの白い目がやはり・・・ね。たとえ、ファッションに寛大なところでも、これだけ明るく染めるとリタッチが大変そうです。根元の毛の色との差が激しくて、お洒落どころではありません。

こんな時、ウィッグって本当に便利だと思っちゃう。大胆な髪型も、髪の色も試すことができるんですもの。色は、ココア、モカブラウン、シナモンベージュ、ショコラブラウン、クランベリーブラウン、ハニークリームゴールドなどがあります。

最近のウィッグは意外と低価格

ウィッグはかつらのことですが、最近のウィッグは低価格です。特別な日だからと、気構える必要なんてありません。色も方法に揃い、スタイルも増える一方。

検討する価値はありそうです。

スポンサードリンク