スポンサードリンク

ケイカラットの甘辛デザインで自然に50代の体型をカバー

普通なようで斬新な、大人の甘辛ファッションをどうぞ

あっと息をのむ斬新なデザインは、時として野暮ったさと背中合わせです。百貨店で行われるセール期間に、このブランドでこの素材で、何故こんなに安いのかと首をひねることがあります。

切り返しが不自然だったり、ポケットの位置が変だったり、ギャザーが年齢を感じさせたりと、安い意味を見つけてしまうのです。年齢を重ねて失敗を見続けると、オーソドックスなデザインをつい選びがちになります。もう年なんだから失敗したくないという、ケチ根性がそうさせてしまうのです。黒田知永子さん

黒田 知永子さんがプロデュースするKcarat(ケイカラット)は、一見、シンプルで普通っぽいのですが、細部を見ると、斬新な仕掛けがしてあります。もっとよーく見ていくと、今まで見られなかった新しいデザインを、大胆に取り入れていることに気が付いてしまいました。でも、不思議と上述のように嫌ではありません。

黒田 知永子さんは、JJやSTORYでモデルをなさっていた方なので、服飾デザイナーとは違った観点で、多くの服に触れて着続けてきた方だからでしょうか。

モデルだったから着る人の気持ちが分かるんだね

服のデザインって3次元なので、紙面や映像だけでは、良さは分かりません。多くの服を着続け、カメラの前でポーズをとりつづけ方たからこそ分かる、服の素材感とその着心地があります。動いたときの服と、体のラインのバランスもあるはずです。

人によって体のラインに、コンプレックスが違います。特に年齢を重ねると、崩れてきたラインを、カバーしてくれる服が欲しくなります。ケイカラットは、50代の女性のために作られたブランドです。

多くの人に目に触れるモデルだからこそ、コンプレックスのカバー方法を、知る機会がきっと多かったに違いありません。今回紹介したい服は、カジュアルでリラックスできるのに、きちんと感が感じられるものばかりです。『独自ブランドを立ち上げられるチカラは、こんなところにあるのね。』と、勝手に納得してしまいました。

スポンサードリンク
アラフィフのファッションについて一言

50代のファッションは、得てして素材の高級感のみが強調されがちです。質が良くてお金が掛かっているのは分かるけど、デザインが好みでなかったり、野暮ったさを感じたりしていました。

ケイカラットは、若くエネルギッシュに見せるために、カジュアルなものが多いですね。タックをふんだんにいれたり、切り返しを斜めにしたり、異素材を組み合わせたり、前後の身丈を揃えなかったりと、私にとっては、斬新なアイディアです。

先日のベルメゾンの春のお勉強会で、担当者を捕まえて質問し続けてしまいました。袖口が2重になっているのはどうして。腰のベルトの位置が低いのは、何故?膝に切り込みは何のためにあるの。これらは、体型を問わずに着こなしができる配慮の一つなのだそうです。(詳細は、下記のリンク先の記事にて紹介)

素材だけじゃない、色やデザインだけじゃない、着る方の年齢や好み、心の奥底のコンプレックスまで、応えてくれそうな予感。

2年目のケイカラットの夏のファッションは、『アースカラーでリラックスルする夏』がテーマです。興味あるリンクを選んでください。(記事を書いたら、下記にリンクを貼っていきます。)

スポンサードリンク