孫からおじいちゃん、おばあちゃんへ、プレゼントは手作り

広告

写真と孫の声と絵と手紙が入ったうれしいプレゼント

孫の誕生に目尻を細めていた両親の顔も忘れるくらい、子育てに専念し、子供の手が離れてやれやれと思ったら、すっかりご両親が老けこんでいたなんてことありませんか? 何か喜ばす手立てを探している方は多いはずです。

『父の日や母の日というよりは、敬老の日で孫からの贈り物の方が、娘や息子が何かするより喜ぶじゃないの』って考えている方には、良いものがあります。

台紙のボタンを押せば、張り裂けそうな大きな声が

メッセージが入れられるボイスフォトフレームがあります。メッセージを文字で書いて、絵を書き、写真を貼って、孫の声が録音できるフレームとなっています。

一枚のフレームになって飾れますので、引き出しの中にしまって、いつの間にかくしゃくちゃなんてこともありません。きれいな状態で、いつも目に触れるところに置いておけるのが、いいですね。

スポンサードリンク

孫から贈られてきた年賀状をこっそりいつまでも、持っているおばあちゃん。子供から電話がかかってくると、孫を出すように催促するおじいちゃん。孫の写真が欲しいけど、なかなか言い出せないおじいちゃんと、おばあちゃん。どこのお年寄りも気持ちは、ほぼ同じ。孫自身の手で書かれた絵や文章なら、成長を知らせられます。

しかも、生の声が入っているんです。難しい操作はなし、台紙のボタンを押せば、張り裂けんばかりの大きな孫の声が聞けます。おじいちゃん、おばあちゃんには何よりの元気の元なはずです。

娘ですもの、ご両親の気持ちを察してあげるのも、そりゃ人情ですよ。

フレームの色は5色です。毎年、色違いで贈りつづけて、孫が大きくなっていく様子を伝えるのもいいですね。また、毎年贈り続けるにも、おじいちゃんはアクアブルー、おばあちゃんはレッドと色を決めておくと、受け取ったご両親も分かりやすいかもしれません。

素朴だからこそ、飽きがこないし、同じものでも年齢を重ねて成長を見守られるので、何度贈っても嫌がられないと考えます。

敬老の日に贈っておくと、お年玉を弾んでくれるかも

スポンサードリンク