アップルクーヘンのバームは、どうやってリンゴの形に焼くの?

広告

まわるいバームクーヘンの中には、丸ごとリンゴが入っている

何層にも重なって作られたバームクーヘンは、祝い事や結婚式の引き出物に使われています。木のような年輪は、芯に生地をかけながら薄く焼き重ねてつくられるようです。 アップルクーヘンとカーネーション

いつまでも、いつまでも、幸せを折り重ねていくっていう意味があり、長寿の意味があるそうです。

銀座 千疋屋のアップルクーヘンを見た時、中にリンゴが入るように形作られたバームクーヘンの作り方に、非常に興味を持ってしまった私です。

何これ?どうやって焼いたんだろうって。 アップルクーヘン

祝い事で、華やぐ気持ちを思い起こさせるバームクーヘンにくるまれた、甘酸っぱいリンゴは、多分懐かしい味がするはずです。 青春は甘酸っぱいって、言うじゃありませんか?

焼きリンゴのお菓子の代表格は、アップルパイ。網の目のパイ生地のなかに敷き詰められたリンゴが、口の中に飛び込むたびにその甘酸っぱさが、何ともいえずに好きです。

アップルクーヘンの場合は、切り刻まれたリンゴでなく、ゴロンとした丸ごとのリンゴです。

スポンサードリンク

網の目の間からリンゴの姿を見ながら、食べるのとは違って、私の全ても召し上れって言われているようで、ワクワクしますね。 アップルクーヘン

バームクーヘンもアップルパイも、よく見る普通のお菓子。ご進物にも使われますが、よくみるこの二つのコラボは、銀座 千疋屋だけなんじゃないかしら。

焼きリンゴをバームクーヘンで包んだ、いいとこどりのようなお菓子と、赤いカーネーションのブーケがセットになっています。

『楽しい』を是非、母の日にプレゼントしてみてください。

ブーケの下は延命剤入りの特殊ゼリーが入っています。既に保水処理が施されていますので、水やりの心配はありません。それにしても、目が覚めんばかりの真っ赤なカーネーションとバラだこと。

ギフト専門店のウェルネスならではの、ラッピングとメッセージカードをつけてもらえます。

ちなみにアップルクーヘンの箱は、デコレーションケーキの箱に詰められて届きます。 アップルクーヘン

また、銀座千疋屋「銀座アップルクーヘン」は、定番の赤カーネーション鉢とセットのバージョンもあります。

スポンサードリンク