スポンサードリンク

生ブルーベリーヨーグルトを好きな時に食べる方法を見つけた

生ブルーベリー瓶詰めを選ぶのは、美味しさと安全性かな?

生ブルーベリーの瓶詰を見つけて、マンネリ化した我が家の朝食をイメージチェンジさせました。ヨーグルトにスプーン1杯かけるだけの手軽さも、気に入ります。ブルーベリーを浸けこんでいるシロップは、濃縮還元の白グレープジュースなので、そのまま飲んで楽しめるのも気に入りました。 生ブルーベリーとヨーグルト

こちらの生ブルーベリーは、ドライフルーツやナッツ類を取り扱っている、デルタインターナショナルから出しています。デルタでは、生ブルーベリーを3種類、出しています。いずれも、食品添加物不使用ですが、さらに砂糖を不使用にしたのが、こちらの『生ブルーベリー』です。 生ブルーベリー瓶漬け

ヨーグルトは他の食材と組み合わせるから美味しい

最近は、ヨーグルトも食べ易くなりました。あのすっぱかったビヒタスヨーグルトも、ほんのり甘さが残る味になり別物です。大きなごつごつした夏ミカンが果物屋さんから消えたのは、遥か昔ですが、ついにヨーグルトもそんな時代が来たのかと、さみしさがよぎります。

そのまま、食べられるようになったヨーグルトだから、ヨーグルトソースやトッピングは要らないのかと思いきや、やはり、ほんのり酸味のある爽やかな味に合う素材探しは、続いているようです。

ヨーグルトを料理に使う人なら知っているはずだけど、ヨーグルトは、他の食材を引き立てます。

ブルーベリーは意外と好きな時に食べづらい

ヨーグルトのトッピングは、月並みだけどやはり、ブルーベリー。

東急ストアを覗いてみたら、生ブルーベリーは、小さなお茶わんほどの量で700円前後。ただ、スーパーでブルーベリーを、見る期間も短いですね。

ブルーベリーは冷凍可能で、まとめて冷凍すればいいと思えるけど、我が家の場合、セールス時にギュウギュウ詰めにされた冷凍室をみれば、『不可能だ!!』となるわけです。しかも、いったん凍らせたブルーベリーは、ふにゃふにゃで歯触りが、ちょっとね。。。

気に向いた時というより、できれば毎日ブルーベリーヨーグルト食べたいというのが、私の切なる願い。ブルーベリーのほのかの甘みと、口の中でつぶれた時の歯ごたえ、咽越しを過ぎた後の爽やかさで、すがすがしい朝の始まりが約束されます。

ブルーベリージャムも使いますが、甘みが強すぎてね。酸味を抑えた最近のヨーグルトだからこそ、もう甘いジャムに頼る必要もありません。

生ブルーベリーを選ぶポイントって何だろう

生ブルーベリーといえど、食品だから選ぶポイントは、美味しさと安全性です。

美味しさは、瓶詰だから鮮度感はないけど、味がギュッと締まっていて歯触りがいいことと、咽越しがつるんとしたフルーツのあの感覚。食べた後、満腹感があるのも、ブルーベリーがしっかりしているからでしょう。 生ブルーベリー瓶漬け

安全性は、デルタインターナショナルは、海外からの輸入が主なようで、写真のブルーベリーもオレゴン産デューク種ブルーベリーを使用しています。ただ、デルタは、『誰がいつどこで何をどうやって生産し、誰が何時どこにどのように流通したか』というトレーサビリティーを把握しています。

厚生労働省が2008年に、ドライフルーツの残留農薬の検査をした際、デルタのマンゴーといちじくが検査項目に入っていました。他、イオンやダイエーFC、共立食品なども入っているのですが、いずれのメーカーも残留農薬はわずかという記事を読みました。安全性については、断言できないのですが、まずは、良心的な企業なのかなと伺えるわけです。

スポンサードリンク
ヨーグルトにかけて食べてみました

取り出してみれば、スーパーで売られている生ブルーベリーより明らかに大粒です。瓶詰でありながら、弾力もありぎゅーっと味が詰まっているのも嬉しい点です。 生ブルーベリーとヨーグルト

食べてみると、フルーツの甘さを期待していると、がっかりします。楽天等の口コミでは、甘さを抑えていると書いてありますが、どちらかと言えば頼りない感じ。でも、他の食材と組み合わせた際、甘すぎないブルーベリーが素材の味を引き立てます。

ヨーグルトは日によって、買うメーカーが異なるのですが、違うヨーグルトの味であることが分かります。りんごや、サニーレタス、シーチキンなどとも一緒に食べましたが、いずれもお互いの食材を引き立ててくれます。

保存料が入っていないので、瓶を開封した後は冷蔵保存し、10日間以内で食べなくてはなりません。10日間で食べる自信がなければ、冷凍します。冷凍後の生ブルーベリーを食べて、びっくり。冷凍前と味がほとんど変わりません。ギュッと実が詰まっているせいで、冷凍しても、ふにゃふにゃにならないからだと勝手に考えました。

私は、欲張りなので12本をまとめて購入しましたが、1個 1242円(税込、送料別)で取り寄せることもできます。生ブルーベリー瓶漬け

私が購入したお店は、こちら↓。

スポンサードリンク