スポンサードリンク

冬こそ、むだ毛を薄くするチャンス

時間がたっぷりある冬だから、優しくむだ毛処理ができる

毎年初夏になると必ず後悔することは、『あ~冬の間にむだ毛を薄くしておくべきだった』ということです。大豆のイソフラボンの入った抑毛ジェルは、その昔使用したことがあって信頼しています。

今回コントロールジェルMEを使ってみて、やっぱり期待は裏切られませんでした。実は今年の6月にから1カ月かけて、1本使いきっただけなのですが、現在10月でもむだ毛が薄くなっています。その昔使用した際も、1年ぐらいは薄くなっていましたが、気がついた時はまたもとの剛毛のすね毛に戻っていました。 コントロールジェルME

抑毛ローションはむだ毛処理の最強のアイテム

それにしても、あんなに長く黒々としていたのに、短く薄く細いむだ毛になっています。

抑毛効果が自分に合っていさえすれば、毛穴から浸透して毛根に届けられるので、利きやすいはずです。皮膚のようにバリア機能が働いて、外からのローションが浸透しずらいといった障壁はありません。

多くの抑毛ローションは、大豆などの植物から抽出したエキスを元の作られていて、安心して使えます。危険な薬物で、毛穴の細胞にダメージを与えるのではなく、女性ホルモンに似た働きに期待して作られています。女性ホルモンに、抑毛作用があるらしいのです。

こう考えていくと、抑毛ローションって、むだ毛処理に最強のアイテムだと思いませんか?

ただ、多くの人は夏やっと重い腰を上げて、むだ毛処理をします。速くしなければと、焦っていることが多いのです。派手な永久脱毛クリニックの宣伝や、強引なむだ毛処理に心を奪われてしまいます。抑毛ローションは、少し地味すぎの印象があります。

また、抑毛ローションがドンピシャリか否かは、個人差があります。その昔、テレビで豆乳ローションの効果を発表した高濱素秀医師も、直ぐに効果が表れる人とそうでない人がいると、書籍『むだ毛が消える豆乳ローション』で書いています。 車から降りる時の短パンの脚

優しいむだ毛処理を探そう

肌への負担は二の次になりがちになるのは、初夏から始めるからです。卒業しませんか?自分の肌ですので、できるだけ優しいケアをしたいものです。冬にケアをして少しでも薄くなれば、気持ちに余裕ができます。夏のお手入れで強引なむだ毛処理をすることはありません。

スポンサードリンク

最終的にシェービングで剃ってしまうにしても、太く剛毛な毛と、細く短い毛と比較すれば、肌に与える負担は細く短い方が、断然少ないはずです。太い毛をシェイバーで剃る時、皮膚に深くカミソリが食い込むのですから、負担も相当なものです。生える周期も幾分遅くなるので、むだ毛処理に費やす回数も減らせるはずです。

家庭用脱毛器やサロンでの脱毛処理と組み合わせて

冬の間にむだ毛処理を考えるなら、家庭用脱毛器やサロンでの脱毛処理もあります。最近は、低刺激になるように改良を重ねて、こちらも信頼できる商品があります。

最近の女子は、こうしたレーザーや光脱毛のむだ毛処理用グッズを、使い分けているようです。抑毛ローションでは無理と諦めた後、脇やVラインOラインといった手ごわい部位に使用しています。

抑毛ローションはお財布にも優しいし、お手入れの時間も負担になりません。朝と晩に、ローションを手にとって気になる場所に塗り込むだけですからね。とりあえず、こちらから試してみるべきでしょう。抑毛ローションをすねにつけている

コントロールジェルMEを使ってみました

私のコントロールジェルMEの使用方法は、毎日入浴後の1日1回だけでした。両腕と脚はすね毛を重点的に、他の部位はさらっとなぜる程度にします。顔の産毛にも使いました。

テスクチャーは、顔のローションよりつるっとしていて、良く伸びました。しかし、乾燥肌の私にとっては、ボディローションにとって代わるほどの魅力を感じなかったので、1本でやめてしまったのです。理由は、保湿感が物足りなかったせいです。

コントロールジェルMEは、顔の産毛にも使えるように作られています。顔にも使ってみましたし、口の周りは嬉しい実感がありました。ただ、1番効果を感じたのはすね毛です。ぬっている間は、ほとんど気がつきませんが、2カ月後ぐらいに、『ん?変わったかも』と思えました。抑毛ローションを口の周りにつけている

人によって個人差があると言われていますが、他の脱毛器よりグッと低価格にできます。心に余裕のある冬のむだ毛処理は、抑毛ローションからどうぞ。

スポンサードリンク