靴を履いたまま履けるレインパンツの着脱の体勢気にしてる?

広告

レインパンツの選び方は、ズボンをはく時の姿勢もある

雨の日も自転車に乗れるレインコートをあれこれ紹介していたら、テレビ東京で深夜放送しているWBSで、レインパンツを見つけました。バイクにのって走っているおばさん

トレンドタマゴというコーナーで、新しい発想の新製品を次々と紹介する内容です。トレンドタマゴで紹介された後、ヒット商品になるか、逆に埋もれてしまうかを予測しながら見ています。いずれも、発案者の発明した商品に対する素直な思いが、見る側を楽しませています。

普通の主婦が開発した

普通の主婦である鳥谷部さんは、毎日バイクで配達しているけど、突然の雨に、ぬれずにすぐに着られるレインウエアはないものかと考えているうちに、土足でも履けてしまうレインパンツを考案しました。駅の駐輪所や会社の玄関口で、着脱が可能であれば、ぬれたレインパンツで迷惑をかけることはありません。

土足のままレインパンツの着脱が可能なレインパンツは、何社も開発していて、当サイトでも紹介しています。ところが、鳥谷部さんはその履き方にこだわりがありました。

土足で履けるということは、屋外で人の目もあるわけですので、着替えが見苦しければ問題です。でも、履くときの姿勢は、レインパンツの重要な機能ではありませんでした。

自然な姿勢で履けるように、女性ならではの気配りがうれしいレインパンツです。

スポンサードリンク
最初に腰の部分を固定させる

紹介されたレインパンツ、最初は1枚の布地。まず、巻きスカートのように、腰の部分を巻き付けて固定させます。その後、布地を足の間から取り出します。取り出した布地を、左右の足に巻き付けて、外側でファスナーを閉めて出来上がりです。

従来のレインパンツは、腰の部分で固定させていないために、人前で履くには、ちょっぴり恥ずかしいカッコになると言います。テレビでちらりと、おむつを履くときのような格好になると言っていました。なるほど、そういうことにもこだわる方がいるのですね。

従来のレインパンツの履くときの姿勢が、恥ずかしいというのはちょっと考え過ぎだし、履き方次第でいかようにも、ごまかせると考えますが、最初に腰のところを固定するというアイディアは便利そうです。

他に土足で履けるレインパンツの中にも良いものがある

また、靴のまま履けるレインパンツは、膝の部分のみファスナーが開くものもあり、このタイプなら姿勢も気になりません。

レインパンツは、他に素材や機能性(コンパクトであるとか、ポケットの位置)といったことも考慮に入れて選びますので、履くときの姿勢だけとは限りません。

そんな反論があったとしても、人前で衣服の着脱にも、マナーがあると気がつきました。雨でぬれない他にも、気配りがあるレインウエアは、ちょっとすてき。ちょっぴり、勉強になった土足でも履けるレインパンツでした。

スポンサードリンク