自転車カッパで、腿が濡れないレインコート

広告

ベルーナのサイクルレインコートについてまとめました

健康と交通費節約のために、自転車通勤をする方が増えてきました。できるだけ多くの人が自転車で通えれば、環境にも通勤時の混雑回避にも役立ちます。 サイクルレインコートの足の部分

雨が降っても自転車を乗りたい人は苦労は大変

確かに、雨の日は、事故のことを考えると、電車やバスを利用すべきです。でも、雨の日も自転車を利用せざるを得ない人もいます。遠距離通学の学生や配達業務の方が、該当するでしょうか?

雨合羽の着脱はかなり不愉快です。どうしても、水滴が周りに飛び散りますし、洋服もぬれます。

自転車をこいでいる時も、決して快適ではありません。視界は狭まり、後ろや横を走る車の様子が良くわかりません。気がついたら、もう少しでぶつかりそうだったなんてことは、雨に日は特に多いはずです。

自転車をこぐ時は、太ももの上側や膝がぬれてしまいます。ならばと、裾の長いレインコートを着れば、邪魔になってこぎずらくなります。足ものと広がったポンチョタイプの物を使うと、風でカッパが広がり、かえって隙間から雨が入り込んでしまいます。

ズボンタイプがいいのですが、ぬれたズボンを脱ぐ時の不愉快さったらありません。靴が脱げる場所があれば、まだ良い方です。靴を脱いでズボンから足を外すはず場所は、ぬれた地面ですよね。バランスを崩すと、靴下はびじょぬれです。

スポンサードリンク
不安を解消するために工夫した点は

ベルーナから出ているサイクルレインコートは、かなり工夫が凝らされています。

  1. フードの部分は、目の後ろまで透明カバーにして、横や後ろの視界を確保フードは深めで、透明部分はかなり広く取ってありますので、顔がぬれないようになっています。
  2. こいで裾の広がった時に、前側だけを覆う三角マチが、開閉部分をカバー三角形だから、こぎやすくぬれにくいのです。
  3. 前の開閉部分は、ファスナーとホックで、雨が入り込まない仕様
  4. またいで履くのではなく、足に巻き付けて履くズボンなので着脱が楽ちん
  5. 置き場のない出先でも邪魔にならない、収納袋付き
  6. 防寒のための、手首カバー

表地も裏地もポリエステルですので、湿気を含んで悪臭を放つことも少なそうです。特に裏地がメッシュなので、蒸して汗ばむ梅雨時には、うれしいですね。

色・サイズ

色は3色

  • ブルー
  • ピンク
  • ブラック

サイズは3つ

  • LL

雨の日の自転車は特に気をつけてくださいね。残念ですが、この商品は取り扱っていないようです。現在、ベルーナで人気のカッパは、→ — 【税別5,000円以上で送料無料】雨の日も安心!◎防水仕様でこの価格!◎大変売れています!お早目に!

スポンサードリンク