通勤に便利な自転車レインコートは、透湿防水のレインコート

広告

自転車用カッパでもおしゃれに着たい

湿度が高い雨の日は、気圧も下がることから気分がすぐれません。通勤に自転車を利用している方は、一気にやる気モードも薄れてしまいそうです。自転車レインコート

デザイン面と機能面から検証すると

外部からの水の入り込むのをシャットアウトさせながら、体からの汗を放出してくれるレインコートを見つけました。女性向けで、色が白。足カバーを外せば、自転車レインコートだけで街を歩いてもおかしくないシンプルなデザインです。

コートの内側に、足カバーが収納されていますので、自転車に乗る時だけ取り出してつければいいだけです。ワザワザ、足をあげて履くのではなく、巻き付けてホックで止めるだけなので、駐輪場で素早く装着できます。

使い終わったら、セットになっている収納袋に入れてしまえば、持物をぬらすこともありません。

レインコートの内側は、メッシュになっていて、蒸す日でも快適に自転車をこげます。汗ばむ季節は、レインコートの中で蒸しぶろ状態になるのが嫌で、ぬれるのを覚悟で自転車に乗りたくなる時があります。

雨でぬれるのは膝から下の部分

また、雨の日に自転車を乗る方ならご存じでしょうが、一番気になるのは、こぐとき足の隙間から雨が入り込んでくることです。職場で、太ももの部分のスカートやスラックスの折り目が崩れていると、雨の日を思わず恨んでしまいそうになります。

スポンサードリンク

コートの内側の太ももの部分に、三角マチをとりつけて、雨が入り込むのを防ぎます。三角マチは、ファスナーで左右を合わせるようになっているのも、手軽で便利そうです。

収納にこだわりあり

さらにフードも襟の所に収納できますので、そのまま入れ込んで電車に乗れますよ。

通勤用のレインコートは、見た目も大切ですが、あまり荷物にならないと言うのも重要なポイントです。プライベートなロッカーがないオフィスだと、雨でびちゃびちゃのコートを他の方のコートと一緒にかけるのは気が引けます。やはり、バッグの中に入れっぱなしということも考えられるからです。

デザイン重視のものより、機能重視で選びたいですね。シンプルで、コンパクトな自転車レインコートとしては、お手ごろです。

上記の商品は、2013年度用のものです。今年もさらにパワーアップした雨対策のグッズがご覧になれます。

2017年の自転車レインウエアのいろいろ

スポンサードリンク