夕日ケ浦温泉で、大人の休息を贅沢に過ごしてはいかが?

広告

全身で旅情感に浸りたい時に選ぶ宿とは

京都駅或いは、大阪駅から、特急電車にのり、天橋立(もしくは豊岡)でKTR北近畿タンゴ鉄道に乗り換え、木津温泉で下車したとことに、夕日ケ浦温泉があります。 白砂青松

丹後半島の北西側の付け根部分にある、浜結海岸の砂丘に昭和56年に湧き出した温泉。夕日百選に選ばれた、夕日ヶ浦海岸は、白砂青松の海岸は久美浜小天橋まで約8km続き、ため息が出そうな景色です。

海の幸や丹後牛といった贅沢な食事を楽しめることも、魅力のひとつの観光地となっています。

佳松苑グループの宿とは

日本海に沈む夕日の美しさは格別で、夏は海水浴、冬やカニ料理に温泉と家族で楽しむことができるところです。海の周りには、おもてなしや料理を競うように並んだ旅館に、思わず目移りしそうですが、その中で評判の高い宿をひとつ紹介します。

スポンサードリンク

泊る方の趣向に合わせて6つの宿屋を持つ佳松苑グループ。

  1. テレビで良く紹介される”佳松苑”
  2. 全ての部屋がオーシャンビューで海を眺めることができる”風香”
  3. 海まで30秒、夕日を望む絶景の宿で、魚介会席に舌づつみがうてる”一望館”
  4. お洒落にカップルで来たい洋風な、”水辺のHOTEL小さな花”
  5. がっつり四季の味覚を心行くまで食べたい食いしん坊の方、”久美の浜 みなと悠悠”
  6. 円山川のほとりにある緑に囲まれた静かな温泉で静かなひと時を送れる、”城崎・円山川 ひだまり”

冬が深まり、詩人になりたくて訪れるもよし、恋人とロマンティックな夜を過ごすのもよし、親孝行もよし、家族とゆったりと流れる時間をもつのもよしといった宿となります。

スポンサードリンク