子供がジュースしか飲まない悩みは、おいしい水で解決しませんか?

広告

子供がジュースを飲まなくなったと、お母さんの証言

食事の時も味噌汁やお吸い物ではなく、傍らにジュースを飲みながら食べるお子さんがおります。 オレンジジュース

ジュースと一緒に食事をするの?

レストランで食事を取る時、セットメニューでドリンクサービスがついてくるイメージがあるからでしょうか、食事の席に、オレンジジュースや炭酸入りのペットボトルがおかれていても、不自然に感じなくなりました。ご飯と一緒に、ジュースを飲むんですね。

子供はよくジュースを飲みます。持ち運びが楽で、蓋をすればこぼれないペットボトルは、自宅でも公園でもどこでも飲めるのも魅力です。

確かに果物ジュースは健康に良いイメージ

ジュースはカロリーが高く、発がん性物質の元である着色料を使用していたり、糖分の取り過ぎに繋がります。

果汁100%だからと思っても、原産地の確認まではしていないでしょう?果物に付着した除草剤や殺虫剤といった残留農薬を、みんな確認しているのかしらって思います。

特に輸入フルーツの場合は、農薬に注意するべきです。グレープフルーツなどは、輸入元の米国では許可されていない添加物を付着して、日本に輸入されているといった話もあります。皮をむくバナナも、赤ちゃんには与えないお母様もいるそうです。

果物らしい香りをつけるために、香料が入っていたり、果物の味をごまかすために、砂糖などで甘くして調整しています。

しかも、通常、自宅で果物を食べる時に皮をむいて食べますが、市販のジュースに入っている果物のほとんどが皮ごと擦っているそうです。コスト削減のためです。そのため、皮のえぐみや苦みを、ごまかすのに砂糖や香料を使います。

衛生上の問題から、飲料水として販売するために加熱処理を行います。本来果物ジュースを飲む目的は、ジュースに含まれているビタミン類ですが、生産工程の中で既にビタミンは死滅しています。 フルーツの盛り合わせ

スポンサードリンク

子供は本当にジュースが好き?

食に安全性や健康に及ぼす影響は、言っていたらきりがないほど沢山ありますが、子供がジュースしか飲まない原因は、一歩家の外へ出れば目に入る自動販売機やコンビニエンスストアの手軽さにあります。簡単に飲めてしまうから、ついつい頼ってしまうのです。

自宅でお茶やミキサーを使ったジュースを飲むのは、やはり手間がかかりますし、お母さんに頼らざるをえません。
飲みたい時に飲めないのは、不自由です。

塩素も不純物も含まない蒸留水は、子供にはおいしいと感じるようですよ。そもそも、水道水がまずいから、手軽に手に入るジュースばかり飲むようになったのではないかと思うのです。甘いものしか飲まないのではなく、水道水に含まれる塩素やなま臭さが嫌なのですよ。 コップに入った水

子供の味覚は大人の2倍敏感

子供の味覚は大人の2倍敏感であると言われています。さらっとした蒸留水の味は、意外と気に入るはずなのです。

ウォーターサーバーの講習会に出た時、ウォータ―サーバーを設置していある方が、子供がジュースを飲まなくなったと話していました。

蒸留水は、不純物が入っていないために体の吸収率も高く、デトックス作用があり、体への負担はほとんどゼロです。逆ろ過浸透膜によってろ過したRO水なら、放射性セシウムも完全に除去されています。

元々雑菌が含まれていない水なので、雑菌が繁殖しにくい、腐りにく性質がありますので、賞味期限を気にしなくて良さそうです。

家庭内でサーバーの蛇口をねじれば、直ぐに飲めるお水なら、冷蔵庫に水瓶を冷やしたり、お湯を沸かしてポットに入れ続ける必要はありません。ウォーターサーバーに設置してある、水ボトルの容量さえ気にしていれば、家族は必要な時に自分で水を飲むことができるのが魅力です。
熱いお湯も、冷たいお水も。

ウォーターサーバーは、様々な種類がありますが、RO水を使ったアクアクリアは、業界でNo1の人気があり、価格的にもリーズナブルなのでおススメです。

スポンサードリンク