スキンケアでシミ対策するのは、健康で安心な美白が希望だから

広告

イチかバチかのシミ対策なんてナンセンス

シミを消す方法が増えました。皮膚科でレーザー治療やビタミンCを注射したり、市販薬を内服したりです。自宅で家庭用美顔器を利用したり、シミ消し専用のスキンケアで地道にケアを続ける方法もあります。

『シミは本当に消えるの?』と疑心暗鬼でしたが、シミによって違うことを知りました。薄くてできはじめのシミは消せるけど、何年も経ったシミは中々消えません。また、紫外線のシミより、ニキビ跡のような炎症シミは消しにくいようです。色で言うなら、赤っぽいしみは消しやすいけど、茶色のシミや黒っぽくなればなるほど、容易に消えません。 洋書と花

シミケアの長所と短所を知ろう

20代の頃、キメが揃っていてくすみもない肌に、シミができると地獄に落ちた気分になりました。

20代は、肌の新陳代謝が良いので、レーザー治療など即効性のあるシミ治療に走る方もいるでしょう。逆に、シミ以外は肌トラブルがないから、もしレーザー治療で失敗したら不安という方もいるはずです。だから、自宅でシミ対策をしたいと、考えるのです。

シミの最強の武器、ハイドロキノンとトレチノインについて

スキンケアでシミ対策をするなら、ハイドロキノンやトレチノインを抜きにすることはありません。二つとも、シミの色をダイレクトに抜いてくれる成分です。原液を買って、シミだけにつける方法もあります。

しかし、ハイドロキノンは濃度が濃すぎると、かぶれ、赤み、アレルギー反応や白斑(肌の一部が白く抜ける症状)などの危険性があります。トレチノインは、古い角質をはがすピーリング作用がありますので、使いすぎると必要な角質まではがしてしまい、赤むけになってしまいます。

ハイドロキノンもトレチノインも、使用している期間は、紫外線に弱い肌になっていますので、紫外線対策を怠ると逆にシミを増やしてしまいます。

こうした効果の強い成分を使用するときは、シミの有無にかかわらず顔全体のコンディションも関係しています。潤いが保たれ、巡りも良い肌なら、ピーリング作用のあるトレチノインを使用しても、ターンオーバーの促進が良いのでトラブルを防げます。でも、コンディションが悪いときは、塗った部分の肌荒れや乾燥が長期間続くこともあるのです。ハイドロキノンにおいても、同じです。

シミさえ消えれば、肌がボロボロでもいいの?

スキンケアの技術が進歩した今、シミが消えるかどうかは、論点ではありません。シミを消すために、イチかバチかのばくちなんて、ナンセンスです。

シミは、薄いシミ、若いシミであれば、薄くすることは可能というところまで来ています。後は、どれだけ自分の肌に負担を与えずに、シミ対策ができるかが問題です。

特に、レーザー治療を望まない、健康で安心な美白を望む方なら、安心できるスキンケアが1番なはず。例えシミを消すためといえども、肌への負担は極力抑えたいからです。

シミが消えても、赤むけの顔を直すのにハラハラして、元のむっちりしたもち肌に戻すのに何週間もかかったなんて、イマドキどうなのでしょう。シミを消すために、肌負担に目をつむるのではく、肌質をあげながらシミ対策を施す健康美白の方が良くはありませんか?

肌力をあげる美白スキンケアがあるよ

いつも肌質が上がると感じてしまう、美白スキンケアがあります。アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズです。便利なトライアルが用意されています。 ラグジュアリーホワイトシリーズ

シミを消すスポット集中美容液

集中美容液に配合されていたハイドロキノンを、頬骨の肝斑に薄く塗って使ってみました。但し肝斑の場合は、化粧水をつけた後にしました。通常のシミの場合は、化粧水の前につけるのが、正しい方法です。

スポンサードリンク

ハイドロキノンは、元々の皮膚の色を抜いてしまう白斑の作用があるので、シミの部分だけをはみ出さずに使うというのが定説です。でも、アンプルールの場合は、大丈夫です。

肝斑は無くなりませんでしたが、たった2週間塗り続けただけなのに、境界線がぼんやりとして解らなくなりました。何年もある濃い頬のシミは、根気よく続けたスキンケアのおかげで、既に薄くなっていますので、すっごく薄くなったという効果は実感できていません。 スポット集中美容液

ハイドロキノンは、アンプルールの独自の開発によって、新安定型ハイドロキノンとなっています。新安定型ハイドロキノンが、安心だと思える理由は、3つです。

  • 私自身が何度か使って、快適だったから。
  • 2003年から販売をはじめ、10年以上経過した今も、大きなトラブルの情報を耳にすることがなかったから。
  • BCDACという特殊な物質でハイドロキノンがおおわれているので、肌内部へ浸透するまで、肌表面に触れないのでかぶれることがないから。
化粧水でありながらシミ対策用になっている

私が実感した肌力アップの鍵は、AOⅡローションであると感じています。

肌にとって欠かせないセラミド1、3、6Ⅱと浸透型コラーゲンが、潤いを実感させられます。

ハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンCなどの美白成分が、ほどよくくすみを晴らしてくれました。さらに、たっぷりと潤っていると生き生きして見えます。

もともと、こうした美白成分に、私の肌はかさついてしまいます。しかし、湯上がり後の、水蒸気をたっぷり含んだ健康な肌のような状態を、保つことができました。

ひとつ驚いたことは、化粧水でありながら、新安定型ハイドロキノンを使用していることです。あのシミにダイレクトに働きかける、ちょっとリスキーなハイドロキノンを化粧水に配合しています。これって上述の通り、安定化させているからできるのですね。 化粧水

薬用美白美容液で健康ハリ肌になったよ

ビタミンC誘導体を配合した薬用美白美容液は、コントロールカラーやコンシーラーの必要性を感じさせませんでした。年齢によるまだらなくすみが気になりはじめて、コントロールカラーも、いつしか使うようになりました。

健康な肌のツヤとハリに、ちょっとぐらいの濃いシミさえも、気にさせません。 薬用美白美容液

美容乳液ゲルってクリームのはずなのにサラサラ

エマルジョンゲルEXは、美肌点滴と言われるほど厳選成分が配合されていますが、何故かさらりとしています。塗りおえてハンドブレスし終わると、さらっとしていて、期待が大きかった分、気が抜けてしまいそうです。

クリームの形状はしているのに、顔に塗ると乳液のように液体っぽい感触です。

スキンケアの最後は、クリームで蓋が定説ですが、油膜感がありません。でも、内側から押し上げる潤い感で、物足りなさはありません。これは、実感してみないと解らない感触です。 美容乳液ゲル

実は半年ぶりに使ってみたアンプルールのホワイトシリーズですが、潤いを実感させられる健康美白のコスメだと気づかされました。皮膚科治療に二の足を踏んでいるコンサバ女子や、私のような乾燥が極度に気になるオバサンには、そうりゃもうオススメしたい健康美白化粧品です。

スポンサードリンク