陶器の雛人形は汚れを気にせず経年劣化しない その1

広告

陶器だけど普通の人形と同じ風格あるよね

テーブルウェア・フェスティバル2017へ行き、目から鱗だったのは、陶器の蜷人形です。私の雛人形は、虫に食われボロボロになって、今はありません。陶器だったら、虫に食われることも、人形の絹の着物も劣化がなかったはずです。

小さな陶器の雛人形の前を通り過ぎた、50代ぐらいの女性は『孫はあれでいいわ』といっていました。子供の背丈ほどあるひな壇を飾るお宅も、減ってきているのでしょうね。

陶器なのにちっとも冷たい感じがしなくて、表情もありぬくもりを感じることが出来ました。いずれもコンパクトで、飾る場所に困ることがないし安っぽくも見えません。

伊万里鍋島焼 窯元 畑萬陶苑 平安絵巻雛人形

価格を言っちゃ、身も蓋もありませんが、こちら162万円もするんですよね。 畑萬陶苑平安絵巻雛人形

信楽焼き雛人形

温かいほのぼのしていて、私も欲しいと思ったのは、信楽焼きの雛人形。

信楽焼きって、よくおそば屋さんの前にある、あのたぬきの置物です。このたぬきは、滋賀県甲賀市信楽で作られています。

垂れ目なのが、優しい気分になります。 信楽焼き雛人形

陶器とは思えないくらい、着物の布感が伝わります。 信楽焼き雛人形

ふっくらした人の人柄は、温かいって、誰もが信じて疑いません。やっぱり垂れ目で、気分を優しくさせます。 信楽焼き雛人形

スポンサードリンク

ふっくらした顔に目線が上で、元気が貰えそうな立雛です。 信楽焼き雛人形

ノリタケ雛人形

知らない人はいない、ノリタケも雛人形を作っています。『本当に陶器なの?』って疑いたくなるほどの質感です。九月や吉得の雛人形展示会に、紛れ込ませていても、ちょっとわからない気がします。

人形の顔のふっくら感も、本当によく出来ています。

ずっと人気の陶器屋さんだけに、雛人形自体も、そつがない印象を受けました。 ノリタケ雛人形

ちょっと愛嬌があって、こちらの方が親しみやすいかな? ノリタケ雛人形

九谷焼雛人形

着物の色彩が艶やかで、力強く分厚く塗られています。石川県金沢の独特の文化が、伺える雛人形ばかりです。

三角帽に襟元の蝶結びに違和感を感じるのは、私だけでしょうか?何故そうなのか、また調べる楽しみがわいてきました。 九谷焼雛人形

こちらも内裏様の帽子と襟元が気になります。色の配色が艶やかです。 九谷焼雛人形

深緑の着物も斬新です。 九谷焼雛人形

お手頃な価格にするなら、こちら、でしょうかね。 九谷焼雛人形

写真が多すぎましたので、もうひとつ記事を追加します。

スポンサードリンク