スポンサードリンク

私の緑内障予防の八味地黄丸が、泌尿器対策だなんて失礼ね!

八味地黄丸は毎日20年以上飲み続けている

私が以前イーグルアイと呼ばれるサングラスを紹介した際に、チラリと書きましたが、視神経乳頭陥凹拡大と呼ばれる緑内障の予備群です。この診断は20年以上前のことで、毎年視野検査を行っていますが、まだ、視野を欠いていません。眼科医師は、緑内障に詳しい方で丁寧に診断しながら、長期間視野が欠けない私を、少し不思議がっているようです。

ただ、1回、眼底出血をしてしまい、他の大学病院で精密検査を受けることがありました。緑内障は、眼底出血を繰り返しながら進行していくと聞いています。この1回の眼底出血は、診断を下されてから、ずっと飲み続けてきた漢方をやめて3カ月たった頃のことです。漢方を止めた理由は、私の漢方を処方しづけた先生が亡くなってしまったためです。

だからと言って、『八味地黄丸=緑内障』と結びつけないでください。これは、私の場合の事例です。緑内障でも腎陽虚証の人が効果があると、限定的だからです。全ての人に当てはまるわけではありません。

八味地黄丸を飲み始めたきっかけ

漢方の飲み始めたきっかけは、視神経乳頭陥凹拡大であると同時に、酷い肩こりと眼精疲労に悩まされていたことからです。毎晩、蒸気で温めるホットアイマスク『めぐりズム』を行い、仕事中は、眼の周りのつぼ押しを欠かさず行っていました。

ほとほと困り、漢方のお店で購入したのが、八味地黄丸です。最初に八味地黄丸を飲んだ時、直ぐに効果が分かりました。カチンコチンの肩が、ほぐれ、まるで岩が崩れ落ちるように肩が楽になったからです。かすみ目は効果の実感はありませんが、肩こりと頭痛が解消されて直ぐに継続を決めました。

20年前は、漢方の効果を知る人はごく一部の人たちです。医師でさえ、懐疑的な時期でした。1カ月飲み終えて、再びお店に足を運んだら、品切れ。売れ過ぎでなく、購入者がいなくて在庫を置かないことに決めた、といった様子でした。

その後、別のお店に走り、八味地黄丸を主成分にして、私用に処方してもらいます。他の生薬を混ぜ、税抜き16,000円の漢方を飲み続けることになります。かなり高額でしたが、八味地黄丸の最初が衝撃的だったことから、価格は気になりませんでした。

漢方を飲み続けると、漢方が利く体に変わっていくようです。アレルギーに悩まされた時は、漢方薬でじんわりを和らげられます。便秘にしてもしかりです。西洋の薬とは違い、即効でスパっと改善するのではなく、じんわりと2~3カ月飲み続け、気がついたら改善していたといった具合です。

八味地黄丸をネットで購入しようと考えた理由

今回、八味地黄丸をお試しで頼んでみようと思ったのは、現在使用しているものより、格段に安い(3千ぐらい安い)からです。正直、『こんなに価格が安いのだから、眉つばに違いない』と、半信半疑でした。毎日、飲み続けると考えれば、馬鹿になりません。

購入したのは、町で時々みかけるアイン薬局が所属する、アイングループの八味地黄丸です。オンラインとはいえ、実店舗があるということが、安心材料になりました。↓ こんな箱で届きます。八味地黄丸をオンラインで頼んだ

スポンサードリンク

実際購入してみて、やる気をなくしました。箱に八味地黄丸の文字より、『夜間尿・頻尿・排泄困難 夜中のトイレやオシッコを我慢できない方』とあります。私は、八味地黄丸は眼精疲労薬に良いと、ずっと信じていたのに、世間では違っていたと、騙された気がしました。

八味地黄丸は確かに腎臓の弱い方や冷えに良いことは知っていましたが、ターゲットは泌尿器だったかのと愕然とします。増え続ける高齢者にぴったり悩みを、箱の前面に書くなんて、『なんて姑息な!』と、またまた、私の印象は悪化します。 八味地黄丸の箱

大好きだった八味地黄丸。その昔、徳川家康も生涯飲み続けたと言われている漢方が、泌尿器対策だなんて、ずいぶん失礼ねと大憤慨です。

リピートした理由

しかし、飲み終えて再度、購入してしまいました。リピーターになってしまったわけです。理由は、やはり価格。そして、もう一つは、特に大きな不満が出なかったことで、これは相当大事なことです。

安い理由は、生薬が無印なこともあるようです。ツムラ漢方や以前購入していた生薬名には、『日局』の2文字が記されています。日局とは、医薬品に関する品質マークで、厚生労働省が認めた品質に値するということのようです。八味地黄丸の粒

『日局』が書かれているツムラ漢方も、以前購入していたものより安いので、オンライン通販の強みもあるのもしれません。と考えて楽天で検索してみたら、以前飲んでいた漢方と同じものを見つけます。正直、2千円くらい楽天の方が安いのです。小売店は在庫を持つリスクがあるために、漢方に上乗せされていると考えます。 ↓八味地黄丸

逆に、小売店であれば、まがい物を掴まされる危険性も低くなります。品質が悪ければ、お客の足は遠のきますので、リサーチは十分されているはずです。

オンライン通販が良いのか、小売店が良いのかは、非常に微妙な選択であります。優劣を考えるのは、止めましょう。町の漢方店でしか情報を手に入れることができなかった漢方の知識が、簡単に手に入るようになったことを喜ぶべきです。

より多くの人が、漢方の効果を知れば、小売店の在庫の回転率が上がり、在庫を持ち続けるリスクも減ります。そうすれば、小売店の方が送料がない分、価格を下がるはずなのです。

アイングループの八味地黄丸の是非は、正直よく分かりません。でも、2014(平成26)年6月に改正薬事法が施行されたことにより、漢方もオンラインで購入することができるようになりました。これは、長年漢方を飲み続けてきた私にとっては、嬉しいことです。漢方と馴染みがなかった方にも、健康管理の方法を知る機会になります。

同じ八味地黄丸でも、緑内障に効く人と効かない人がいるように、人によって実感は違うようです。初回限定価格が、1,900円の送料無料のこちらは、八味地黄丸を知る機会にもってこいです。

スポンサードリンク