年齢肌専用の洗顔石鹸に相応しい、肌に優しい洗顔料

広告

年齢肌専用の洗顔石鹸が欲しい

洗顔石鹸はスキンケアの決め手でもあるのに、年齢肌専用の洗顔石鹸を探すのは難しいですよね。通常のエイジングケアスキンケアに入っている石鹸が、該当するのでしょうか?察しが悪いのは私だけなのかもしれません。 卵白しっとり石鹸

大人の女子が、石鹸を嫌煙する訳

どんなに肌に優しい洗顔石鹸であっても、やはり弱酸性にするには限界があります。石油由来の合成界面活性剤は、アルカリ性ですからね。そしてアルカリ性がつっぱりの元。

本当に洗顔後のつっぱりが気になると言う方は、洗顔フォームを利用している方が多いですね。

界面活性剤が、洗顔料になくてはならないのはどうしてなのかは、ご存知でしょうか?人の皮脂やメイクの取り残しは油分ですので、油分を洗い流すためには界面活性剤は必要です。使わなければ、油分の汚れを取り込んでくれません。

界面活性剤って、いわば油と水を溶け合わせる事ができる成分です。2層に分かれたドレッシングには、界面活性剤は入っていませんが、マヨネーズには入っています。

この界面活性剤の中でも、合成界面活性剤は避けるべきです。色々と、肌ダメージに繋がるからです。

洗顔料を石鹸とこだわる方は、石鹸の界面活性剤には信頼を寄せていますが、他の合成界面活性剤が嫌だからです。洗顔フォームには、石油由来の合成界面活性剤を配合しているものが少なからずあります。 卵白しっとり石鹸

年齢肌を進行させる大きな原因は、洗顔だと思う

すっきり、さっぱり、汚れが落ちたと喜ぶのもつかの間で、つっぱってなかなか元に戻らないてことありませんか?つっぱる時間が長いと、要注意!肌乾燥を引き起こしています。

年齢と共に水分が少なくなっていく肌、洗顔時の刺激は極力減らして、一滴でも肌の外に水分を逃してくないって思うのは私だけでしょうかね。

タンパク質たっぷりの卵白は肌にいい

肌に優しい洗顔料で、石鹸にこだわる方にぴったりの洗顔石鹸を見つけました。『卵白しっとり石鹸』と言う名前通り、卵白が主成分です。

スポンサードリンク

卵は、ひよ子を育てるのに十分な栄養が詰まっているために、必須アミノ酸がバランスよく入っていると言います。必須アミノ酸って!人間の体にとって必要な8種類のアミノ酸のことを言います。

人の皮膚も、必須アミノ酸でできていますので、不足するとハリと新陳代謝が低下を招いてしまいます。何もよりも、肌水分が蒸発するのを防ぐバリアを、強化してくれるのです。しかも、卵パックなんて言葉があるように、美白も期待できるようです。

卵白しっとり石鹸の体験

『卵白しっとり石鹸』を使ってみました。少し前のものでしたので、今のとは若干パッケージが異なっていますが、成分は同じものです。 卵白しっとり石鹸

卵白しっとり石鹸の特徴は、あっという間に泡立つことと、洗顔後にローションも乳液もいらないのではないかと思うほど、肌が整っていることです。

コスパ良さそう

まるで生きているのかと思うほど、ソフトな感触の石けんなのに、なかなか減らないコストパフォーマンスの良さも驚きです。

メイクの落とし残しも、綺麗に取り除き、洗浄力への不安もありません。得てして保湿重視の石鹸は、洗浄力がイマイチですからね。

保湿感あるよ

大人の肌は複雑、無理しがちな生活や外食や飲み会が続くと、肌はガザガザに荒れています。肌に優しい洗顔料を使えば、徐々に回復できるけど、逆にハードな洗顔料だと、一気に肌トラブルを引き起こします。しみも、小ジワも、ほんの一瞬のお手入れのミスが、積み重なってできるものです。

実は、私は卵の臭いが苦手なのですが、まったく卵の臭いがしません。無香料と言うと、素材そのものの臭いがでて、好きな香りですとOKなのですが、そうでないと駄目でしょう。卵の臭いが苦手な人でも、大丈夫ですよ。

他の泡洗顔とは趣が違う

泡は、卵白しっとり石鹸のサイトにもありましたが、いつまでもへたらない泡なのに柔らかく、すっごく硬い泡でもないのに、しっかり汚れをとってくれます。

手と顔の間に挟まれた泡で、まったく摩擦をかんじることがありません。しかも、何故かすすぎもいつまでもヌルつきを残すことなく、早かったりします。 大人の女性だけが分かる洗顔石鹸と言うところでしょうか?

スポンサードリンク