快活な演出を、ストレッチクロップドパンツにまかせたい

広告

硬めのストレッチ素材、綿混、クロップドだから、夏に似合う

暑い夏は、タボタボのパンツや、ショートパンツで、ややだらけがちに過ごしてしまう家での生活。暑さがしのげるけど、ちょっとオシャレに過ごしたいと考えるなら、裾が短めのクロップドパンツは便利。

暑い夏もだらけ感がなく着るには

ちなみに、クロップドパンツは裾をパチンと切った六分丈から七分丈のパンツのこと。最近、クロップドパンツとは呼ばずに、抜け感のあるパンツとして雑誌等で紹介されています。くるぶしから下の足のラインが見えるので、ローヒールやスニーカーでも合わせられるのがポイントです。

少し硬めの素材でありながら、伸縮性のあるストレッチパンツを体にフットさせると、シャープに見えるし、お硬い場所もいけそうです。だらけた気分も、引き締めるのに役立ちます。

ストレッチ素材となると、繊維に弾性感が必要なので、ナイロンやポリウレタン素材となります。着心地は、ちょっとイマイチな半面、綿100%のものと比べると速乾性が高いので、汗をかく夏には意外に便利だったりするのです。

スポンサードリンク
日常使いにも、近場の買い物にも使えそう

オットのラインストーン付ストレッチクロップドパンツは、着心地を考えてコットンが混じった綿混素材。日常使いのパンツとして、庭仕事や家事をした後、そのまま商店街へと買い物に出れそうなオシャレ感も満載です。場所を選ばない、シンプルなデザインなので、お稽古事でも大丈夫かな?

ズボンの丈がひざ丈で、露出度が高いわけでも、暑苦しさを見せる訳でもない丁度良い長さです。

ただ、八分丈パンツよりは、ややカジュアル度が高いので、職場にマッチしない方もいるかもしれません。後ろの光るストレッチ模様と、両脇のスリットが、お洒落な雰囲気を醸し出してくれるので、すごく浮いてしまうってこともないと考えますが。

色は、オレンジ、ブラック、オフホワイト、ラベンダーの4色。オットとしては、オレンジに自信があるようで、少しいたずらっぽい女子にピッタリ。無難なところでは、オフホワイト。オフィスと兼用するなら黒を持ってくると、ひざ丈の砕けたイメージも気にならないかも。

最初にちらりと書きましたが、履く靴も、ペッタンコなサンダルでも、高めのヒールでも選びません。このパンツなら、素足にスニーカーでもイケるじゃないか考えます。

サイズは、7号から15号まであります。

スポンサードリンク