股上が深いレギンスで、すっぽりとお尻をくるんでスッキリ着こなし

広告

内臓の冷えが堪える年頃、腰まであるレギンスはありがたい

股上が深いレギンスを見つけました。

ストレッチも利いていて、しゃがんだり腰を曲げたりと、色々な体の動きをする家事にはもってこいのタイプです。

無地で、ストーンとしているデザインで、レギンスでありながら、むちむちの感じがしないのもよさそう。 菜の花

汗ばむ季節にぴったり

綿が70%も入っているので、じわっと汗ばむ春先には、湿度もほどほどで過ごしやすそうです。ポリエステルが多いと、速乾性があるから汗を沢山かく夏は便利だけと、やはり着心地がイマイチって思っています。

このレギンスの魅力は、沢山買えそうってことです。

実はね、色が豊富なことと股下の長さが3パターンあります。普段使いに、複数持っておくと便利が良さそうって思えるでしょう?値段が1枚990円ですって。安い~でしょ?

スポンサードリンク

庭の草むしり、お風呂のかび掃除、物置の整理、冬の間寒くて伸ばし延ばしにしていた、めんどうな家事が放置されたままです。どれも、汗をかいたり、埃や泥などで直ぐに汚れそうな仕事ばかりです。

このデザインなら、急な宅急便の人が来ても、食材を配達に来る人が来ても、何となくサマになって見えるんです。癖が無くシンプルだから、ボトムに羽織るニットやカットソーも、柄ものもちょっと凝ったデザインでも、組み合わせることが可能です。

サイトではパンプスで合わせていますが、スニーカーやウォーキングスーツでも充分にいけそうよ。

ところで、その昔腰ではくジーンズが流行って、今も、時々履いています。でも、履く度に年齢を感じるんです。

すっごく寒いと言う訳ではありませんが、体調がやはり思わしくなくなって、トイレも近くなるような気がするし、年齢って嫌ですよね。

年を取れば取るほど、内臓の冷えは堪えるし、冷え過ぎると腰も傷み始めます。お尻やおながをくるんでウエストまであるレギンスは、中高年には必須よねって、この頃しみじみ思っていた時です。

日常使いに持っていると、いろんなシーンで活躍してくれるはずなので、持っていて損は無いはずです。

スポンサードリンク