スポンサードリンク

なかしましほさんのレシピで、もっと簡単に手作りお菓子を作る方法

気が向いた時に、チョチョッとおやつが作れる毎日

foodmoodというお店でお菓子を作っている、なかしましほさんのお菓子は、とっても素朴であっかたかです。特別な材料を使う訳でも、難しい技術が必要でもありません。

アマゾンを覗いてみると、10冊以上もレシピ本を出しています。糸井重里さんの、ほぼ日でも紹介されていました。 バナナブレッド

新たな発見が一杯のおかしのレシピ

手軽で簡単なのに、すっごく美味しいと言う事で、人気な料理家です。

バターの代わりになたね油を使用して、カロリーを抑えていたり。同じくバターの代わりに生クリームを使用して、冷めてもパサパサしないマフィンに仕上げていたりと、かなりの発明家なのですね。

なかしましほさん自身は、お菓子作りが苦手な方が、気軽に家庭で楽しみながら作れるレシピを作ろうと思っていたそうです。お菓子作りを行っている動画を見たら、道具をあまり使わず手でつくるので、後片付けも簡単というのも、魅力となります。 バナナブレッドレシピ

なかしましほさんと作った おやつミックスとレシピの会

いろいろなおやつが作れる万能粉と、なかしましほさんのレシピをセットで購入できるお店があります。何と言っても、チョチョっとおやつが作れそうです。商品名は、『なかしましほさんと作った まいにちたのしむ おやつミックスとレシピの会』ですって。 さつま芋の蒸しパン

スポンサードリンク
完成品を見た!

フェリシモの展示会で拝見しましたが、なかなか不格好。(すみません)でも、すっごく美味しそうだし、懐かしい気分にさせてもらえました。

万能粉とは

万能粉の中身は、北海道産の小麦、バターミルクパウダーが入り、しっとりモチモチの食感なのだとか。

レシピは、野菜が入って体に良さそう

万能粉と、なかしましほさんのアレンジレシピカードが6種類、毎月順に届きます。どのお菓子のレシピが届くのかは、指定できません。

子供が少しづつ大きくなるのに合わせて、ウォーミングアップのつもりで、簡単に作れるお菓子からチャレンジするのは悪くはなさそうです。子供が完全に手が離れる頃は、お菓子のレパートリーも腕も上がっているはず。 万能粉と、なかしましほさんのアレンジレシピカード

できるおやつの量は

万能粉は二袋づつ届き、一袋で各々のお菓子の量は以下のとおり。小さなお子さんなら、2日~5日ぐらいで食べきれる量かなと考えますが、どうでしょうかね。

アレンジレシピで使われる材料は、バナナ、ジャガイモ、サツマイモなどの野菜も入っていて、体もよさそうです。

  • バナナブレッド 直径約15センチ 1台分
  • ホットビスケット 直径約6センチ 約6個分
  • じゃいもとコンビーフのクイックブレッド 21×8×6センチ 1台分
  • ドライフルーツのバウンドケーキ 21×8×6センチ 1台分
  • さつまいもの蒸パン 15×15センチ 1台分
  • 玉ねぎとベーコンのマフィ―ン 直径7センチ 6個分

スポンサードリンク