ダウンコートが手提げバッグになるので、旅行も買い物も楽ちん。

広告

バッグになるダウンコート

旅先では優雅に過ごしたいもの。折角の景色を背景に、『お気に入りの服を着た写真を沢山撮りたい』でしょうし、冬には温泉に御当地名産に舌づつみを打つなど、計画は盛りだくさんなはずです。

でも、荷物がかさばります。旅行用の圧縮袋を使用して、パッキングする方もいますが、必要な時に直ぐに出して羽織りたいダウンコートが、バッグの底にあるなんてことではいけません。(笑) ダウンコート

空気で膨れるダウンコートは、着ていないとかさばる

テレビでバッグになるダウンコートを見た時、旅行中のセカンドコート以外に、旅先以外でも使えると感じました。【2016年11月加筆】 ダウンコートはポケットの中に収納できるタイプが、増えてきています。 こちらのランズエンドのダウンコートは、お洒落でしかもポーチのように小さくすることが可能です。

お正月のハワイ

お正月のハワイで過ごすといった、日本との温度差にギャップがある場合も、さっと羽織れる軽いダウンコートは便利ですね。ダウンなので、厚着をしないでも防寒できるために、1枚あれば空港から自宅まで寒い思いをすることもなさそうです。

講習で座席のスペースが限られている時

また、便利なのは旅先だけではありません。人気の講座にでるときも、畳めてコンパクトになるダウンジャケットは便利です。教室にコートをかける場所がなかったり、膝の上やバッグの上にのせる以外に置き場がない講座も、少なからずあります。とりあえず、丸めて袋の中に押し込んで、ジッパーを占めるだけで、コンパクトになります。丸まっているので、腰の部分においておけば、邪魔にはなりません。

バーゲンでも

そのまま手にかけるのとは違って、広がらないので、ショッピングも楽ちんです。年末商戦、福袋、歳末大売り出し(セール)と、女性にとっては買い物が楽しみな季節。上着を気にしながらが、洋服を選ぶのでは、勝負になりません。ダウンコートが手提げ状なって、ストレスを感じずに本領が発揮できます。

畳む手順

そんなこんなで、色々と想像をかきたてられる『バッグになるダウンコート』、実際に畳んでバッグになるところ手順はこんな感じです。

1.何の変哲もないダウンジャケットですが・・・

ダウンコート広げた

スポンサードリンク
2.裏地の背中部分のファスナーをあけると、袋(バッグ)が出てきます。

ダウンコート中央のファスナーを開く

3.コンパクトに折り畳みます。

ダウンコートたたむ

4.2で取り出したバッグに、ダウンジャケットを詰め込みます。

ダウンコート丸める

5.バッグの中で、ダウンコートを整えます。

ダウンコート整える

6.しっかり入りました。中央のファスナー部分が、ダウンを入れた入口です。

ダウンコートをバッグに入れる

7.ファスナーを閉めます。

ダウンコート中央のファスナーを閉じる

8.両サイドにある手提げを合わせて、二つに折ります。

ダウンコート二つ折りにする

9.周りのファスナーを閉じます

ダウンコートバッグにする

10.ほとんど手提げバッグとなっています。

ファスナーを閉じる

11.おめでとう!できました。

ダウンコートバッグにする

他、細やかな配慮がある

凄く軽いですし、中にipadとか入れておくと、衝撃や傷も付きにくいと思います。外側にポケットがついていますので、直ぐにとりだしたい、スマートフォンやスイカ、お財布なども入れるのに便利です。

実際ダウンコートを着る時は、もうひとつ予備のA4サイズバッグがついていますので、安心です。

東京TVのビジネスサテライトで、放送された時、何処へ行けば買えるのかしらって、思いましたが、ベルメゾンで取り扱っていたんですね。今、取り扱っていないようです。

スポンサードリンク