スポンサードリンク

敬老の日は、即日配送のすき焼き肉をプレゼント

松坂肉牛技肉共進会で最優秀賞を受賞している牛肉を販売

お醤油とお砂糖で煮るすき焼きは、まさに日本の文化。昔から食べているすき焼きだけど、スーパーの特売で買った牛肉は日本産でなかったり、パサパサしていたり、硬かったりして、最終的には特売品だからしょうがないかと気持ちを納めてしまっています。 松坂牛

霜降りで柔らかいのでお年寄りも安心

敬老の日。日常食卓にのぼる献立を、少し上質な牛肉で頂けるプレゼントはどうでしょう。霜降りの柔らかい牛肉が、果たして噛みきれるかどうかなんて心配なしで、思う存分食べれるのって、いいじゃない!『頂きものだし、残しても腐るだけだから』と言いながら、きっと食べてくれるのは請け合いです。

お肉屋さんの専門店の中で、やまとダイニングは私のお気に入りの一つ。TVやメディアで注目を浴びている上に、毎年松坂肉牛技肉共進会で最優秀賞をとっているブランド級のブランドのお肉です。

スポンサードリンク

赤身の肉と霜降り肉の2種類

やまとダイニングのサイトの『すき焼き特集』を見てもらうと分かりますが、牛肉の種類は2種類あります。牛肉の脂が苦手な方でも大丈夫なように赤身の肉と、サシが沢山入った霜降り肉です。さらに、両方のお味を食べ比べたいという人は、赤身と霜降りのセットもあるのですよ。しかも、わりした付きだし、たっぷりたれをという方は、割り下が別売りされています。

実をいうと牛肉の甘みは少し苦手な私。スーパーのパサパサ肉の方が、霜降り肉よりも食べやすかったりする私(?)が、松坂牛肩ロースをすすめるのは、赤身の肉があるからです。なんだかんだ言っても、口の中に入れた時のとろけるような感覚は、スーパーでは味わえませんもの。

松坂牛のランクは勿論、最高等級「A5等級」。取寄せるのは食肉市場の「築地」。産地がどうのとかといった問題以上に、こだわりのお店に卸す場所とうことで、何だか安心です。

さらに、やまとダイニングが好きなことは、即日配送、送料が無料なこと。生ものの贈物は、留守だと、折角上質の物と思っても鮮度が落ちると、嫌でしょう。何となく、週末は家にいそうだとか、お母さんは予定がないはずだからとか、贈る相手の都合が見える位の時期に注文したいもの。思い付きでも、注文することができちゃうし、便利ですよね。

スポンサードリンク