食材を生協の宅配パルシステムで、週1で届けてもらうのはどう?

広告

大量の食材を運ぶのが大変という方へ

週末のスーパーは意外に込んでいて、まとめ買いも大変です。働く主婦にとっては、食材を購入するだけが週末の仕事ではありません。スーパーの買い物キャスター

ネットや電話、FAXで、カタログを見ながら食材を注文する、食材宅配で負担は軽減できます。考えてみてもごらんなさい。大根、玉葱、キャベツなど3種類も野菜を買えば、手ははちきれんばかりになりますし、その上小さなお子さんがいたら、大変です。

生協の宅配パルシステムとは

生協の宅配パルシステム(pal*system)は、1週間単位にまとめられたカタログの中から、注文用紙に欲しい食材を記入していくだけです。

カタログが配布された翌週の配達日に注文用紙を渡し、次の翌週に商品が届くというシステムになっています。また、インターネットや携帯サイトからも注文ができます。

食材が届くのは、週1回で、ほぼ決まった時間に届けられますので、予定を立てやすいです。たとえ不在であっても、保冷ボックスに入れられて玄関先に置いておいてくれますので、残業で遅い帰宅となっても大丈夫です。

スポンサードリンク

生協の宅配、おうちコープとの違いは

生協の宅配と言うと、もう一つおうちコープという食材配達システムがあります。

おうちコープは、通常のスーパーに置いてある普通の食品が中心となります。一方、パルシステムの場合、取扱い食品数が若干少ないものの、独自の安全基準を設けて厳選された食材ばかりです。その分、価格も通常のスーパーや生協の店舗よりやや、高めに設定されています。

安さを重視するなら、おうちCOOPとなります。

近所を走る車は、パルシステムの牛のマークのものが、断然多い気がします。利用者数は、やはり、パルシステムでしょうか?

パルシステムの特徴

パルシステムでは、産直卵・豚肉・鶏肉・ウィンナーなどが美味しいと評判です。お豆腐などは消泡剤が入っていませんし、加工食品や調味料には、防腐剤や化学調味料が全く入っていません。

無農薬、有機農法による野菜セットや、抗生物質に頼らず育てた豚肉、魚場や漁期にこだわって収穫された寒さばなど、本物の美味しいものを食卓にと考えている主婦には嬉しいメニューが盛り込まれています。

キャンペーンや特典は、県毎に設定されていますので、資料を請求して詳細を確認なさってみてください。ちなみに、インターネットから、申し込みをすると500ポイント貰えてお得ですよ。

スポンサードリンク