スポンサードリンク

耐熱ガラスのティーポットならハーブティの濃さがわかるね

ハーブティの色を見ながらレンジで調整

今まで使っていた耐熱ガラスのティーポットを、割ってしまいました。500CCは裕に入り、家族3人でお茶を飲むのにぴったりでした。

耐熱ガラスのティーポットの良さは、透明なので自分好みのお茶の色がわかること。お茶って色で判断すれば、ほぼほぼ失敗することなく美味しく飲めると考えませんか?耐熱ガラスティーポットとマグカップ

でも欠点は、割れやすいこと。お茶道具は食事後まで残るために、洗い物も最後です。食器が山積みになった上に、ティ‐ポットを載せるから、割れちゃうんですよね。実は、今回購入したばかりのティーポットも割ってしまいました。

でも、使い勝手が良かったので紹介します。ティーポットは、テーブルウェアイーストの「シャンピングしやすいティーポット」です。テーブルウェアイーストの耐熱ガラスティーポット

茶こし付き

今までのティーポットは茶こしがついていなかったので、茶こしを手に持ちながら淹れていました。別に茶こしがあると、茶こし置きも必要で、内心手間だと考えていました。今回はポットに茶こし付きだし、しかも蓋の裏側で、茶葉の様子やお茶の色の判別を邪魔しません。茶葉が広い空間を悠々と動き、気持ちよさそう。

茶こしの網に、茶葉が詰まりにくくてビックリです。水で流すだけで茶葉が全部とれました。金属の茶こしは、網の間に茶葉や茎が挟まり洗いにくかったのです。テーブルウェアイーストのティーポットは、網は金属製でありません。耐熱ガラスティーポットの茶こし

茶こしがついた蓋は、シリコンパッキングで本体にピタッと密着しています。傾けても蓋が落ちないし、横に倒しても一気にお茶がこぼれません。日本茶の場合は、蓋に手を添えながら注ぎますが、こちらは大きな持ち手があるので片手で楽に注げます。本を読みながらとか、何かをしながら飲みたいときに、傾けるだけというのは便利です。

電子レンジ対応でちょい煮だし

ハーブティは、お湯を注いで時間を置く香草と、煮だす薬草に分かれています。硬い皮などでおおわれていて、中の成分の抽出が難しい場合は、叩いて割れ目を入れて煮だす薬草もあります。大まかにいえば、葉や花はお湯に浸す、根茎や種などは煮だすといわれています。

特に葉や花のハーブは、煮だすことで、風味や香りが失われてしまうことがあります。ハーブ屋さんがおすすめする、浸す時間がやはり飲み時の良いベストな状態です。

お湯に浸すだけでも、煮だしてもいずれでもよい薬草もありますが、煮だすことでハーブに含まれるミネラルをより多く抽出が可能になります。私が今、夢中になっているクコ茶葉は浸しても良いですが、煮だす場合はとろ火で約7~8分です。煮だすとクコの苦みが口の中に広がります。

電子レンジは美味しいお茶に必須

煮だす薬草の場合、やかんを使うために色がわかりません。茶葉の入ったやかんを洗うのも、面倒だったりします。ティーポットのまま電子レンジにかけることができれば、特に茶こしのついたティーポットであれば、後始末も簡単です。

この電子レンジで煮だす方法に効能があると、発表した博士がおります。オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるキューキャッスル大学のクアン・ヴォン博士です。この研究は紅茶で行われ、次の手順で淹れると、必須アミノ酸のテアニン、抗酸化物質のポリフェノールが80%も活性化すると発表しています。この方法で、緑茶やハーブティも淹れれば、美味しさが増すとありました。

スポンサードリンク
  1. コップにティバックを入れ、白湯を注ぐ。
  2. 電子レンジで30秒ほど加熱する。
  3. 1分ほど置く。

ハーブティの場合、先に書いた通り茶葉の種類によって一概には言えない気がしますが、電子レンジを使用するアイデアは使えます。現に、耐熱ガラスメーカーのハリオなどでは、レンジで淹れるティーポットを何種類も出しています。

私はお湯で浸した後や、やかんで煮だした後、色がイマイチと感じた時は、さらにレンジで煮だしています。ケチなので、出がらしを飲むときもレンジで煮だして飲んでいます。(笑)

手を入れて洗える

最近、ティーポットに限らず、コップ、湯飲み、保温ポットを選ぶ際チェックすることは、手を入れて洗えるか否かです。

うん、合格ね。耐熱ガラスティーポットに手を入れてみる

ほっこりするデザイン

テーブルウェアイーストで購入する理由は、やはりデザインが今時であること。丸みを帯びてお茶の時間に、ほっこり気分になれます。耐熱ガラスティーポットを手に持つ

スポンサードリンク