スポンサードリンク

楽に腹筋を鍛えるのに便利なワンダーコアシリーズの比較

もしかしたら1家に1台になるかも?

家業でよそのお宅に上がると、最近ワンダーコアシリーズをよく見ます。ワンダーコア2以外は、見ました。

TVのCMでも、スーパーの日用品売り場でも、ホームセンターでも置いてあります。時には、剛力彩芽ちゃんのビデオが流れっぱなしで、このノリで、全世帯持つのが当たり前の時代になりそうな勢いです。

ワンダーコアと言えば、楽に腹筋を鍛えることが出来る筋トレマシーンです。ワンダーコアには種類があって、実際購入しようと思っても、色々悩みませんか?

そこで、ワンダーコアのメリットから、種類と特徴についてわかりやすくまとめてみることにしました。

なんでこんなにワンダーコアがブームなの?

一般の家庭でワンダーコアが、ウケル理由は、以下の三つとなります。

コンパクトで低価格

一番の理由は、他のダイエットマシーンよりもコンパクトであることと、価格が手ごろであることでしょう。使っているときもそうですが、折り畳んで収納できることが大きなメリットです。なんと言っても、日本は布団を敷く文化が有りますからね。スペースを多角的に利用する知恵に賭けては、ピカイチですよ。 折り畳んだワンダーコア2

また、筋トレマシーンは最初の1週間は物珍しさから使いますが、やがて埃をかぶるという運命になることもあります。また同じことになるのではといった、不安もあります。一番高い多機能のワンダーコア2でさえ、24,800円であるというのは魅力です。

リスクを気にすることなく、簡単に購入できちゃうからです。

筋トレはダイエットに必須

二つ目の理由は、メタボリックシンドロームは、あらゆる疾病の元といわれる時代です。今や、運動による健康ブームとなりました。

当初は、痩せるためには有酸素運動が1番と、ウォーキングやジョギングを、薦める声ばかりでした。しかし、脂肪を燃焼させるためには筋肉も必要であることが周知されて、筋トレブームが起きたのです。

筋トレは、ウォーキングのように、屋外に出て景色の移り変わりを楽しめません。はっきり言って、地道でつまらないのが正直なところです。

結果を出したいアスリートや、個別ダイエットジムの体験者、医師の指導があってといった方しか続かないじゃないでしょうか?筋トレの必要性はわかっているけど、自宅で汗を流して行える方ってそういませんよ。(但し、我が家は行っています。)

そんなちっとも楽しくない筋トレを、楽しくさせたのがワンダーコアシリーズのようです。

筋トレが簡単にできない

三つ目の理由は、筋トレを行おうとしても、年を取ると簡単にできなくなっていることです。長い年月の間の運動不足がたたり、加えて年齢による体力の衰えからびっくりするほど、体が言うことを利きません。しかも、筋トレの必要性がわかる年は、こうした衰えきった状態であることが多いのです。勿論、そうでない方もいます。

私の場合、当初筋トレを初めて、腹筋ができるまでに3ヶ月ぐらいかかっています。最初っからワンダーコアを使っていれば、苦労することもなかったはずと、考えるのです。

また、腹筋はできるものの、依然として頭に手をあてて上半身を起こすことはできません。今回、ワンダーコアを使ったら、何の力も入れずにできました。筋トレを初めて、2年以上経っても出来なかったのにですよ。コレは凄いって、感動しました。

ワンダーコアの種類と特徴を知って合ったタイプを選ぶ

ざっくりワンダーコア4種類を分類すると、こんな感じです。

  • ワンダーコア スマート 女性向け&高齢者向け 低価格
  • ワンダーコア ツイスト 女性向け お腹周りの引き締め強化
  • ワンダーコア 男性向け 可動域が広い腹筋 お腹周りの引き締め
  • ワンダーコア2 男性向け 可動域の広い腹筋 お腹周りの引き締め ジム並みのローイングバンドによる筋トレ

さらに詳細に記述してみます。

スポンサードリンク
ワンダーコア スマート

我が家のように広い空間がない方と、女性や高齢者向けです。 ワンダーコアスマート

他のワンダーコアは、ツイスト機能があるマシーンは、180度方向に脚を伸ばせるスペースが必要です。自分のおしりを中心にして、半円描けるスペースが必要となります。想像以上に広いですよ。

ワンダーコア スマートは、縦に長いスペースがあれば、使うことができます。また、腹筋以外に、腕周り、太ももも鍛えることが可能です。使ってみましたが、腕立てや腹筋が楽にできますので、かなり感動のマシーンとなりました。

しかも、コンパクトで持ち運びが楽ですので、家族で共有も可能です。

盲点なのは、高齢者の運動器具としても使えそうということ。 ワンダーコアスマート

腰が痛い高齢者に腹筋運動はコクですが、このマシーンを使えば、45度ぐらいの狭い角度で、腹筋を行うことができます。高齢者の悩みである便秘も、そっとサポートしてくれそうですね。

実は、ワンダーコア スマートをモニターしてみました。 こちらに、体験記事を載せています。
ワンダーコア ツイスト

上記のワンダーコア スマートに、座面が回転する機能が加わりました。 ワンダーコアツイスト

座面が回転することで、お腹周りをねじりながら引き締める(ツイスト機能)が可能です。 ツイスト機能は、脇腹の筋肉である腹斜筋を引き締めてくれます。座面が回転は、腰や体に余計な負担をかけずに、左右バランス良く鍛えることが、隠れた利点です。 ワンダーコアツイスト

ワンダーコア(ツイスト機能有り)

より筋肉質な体系を作りたい、どちらかというと男性向けのマシーンとなります。背中の丸いローラーは、マッサージ効果を狙っているのだそうです。 ワンダーコア

上記の二つより座面を高くすることで、腹筋時の頭の位置を腰より低くすることが出来ます。つまり、180度以上に、筋肉を伸ばすことができるのです。こうして体を反らすことで、コア全体を限界まで収縮させ腹筋を強化してくれるはずです。

座面が回転する、ツイスト機能も搭載しています。脇腹の筋肉の腹斜筋を引き締めたり、腹筋割れを目指すならこちらのマシーンになります。 ワンダーコア

ワンダーコア2

ワンダーコア2は、ワンダーコアの機能を網羅した上に、ローイングバンドによる筋トレが追加されます。さらなる、本格的な腹筋マシーンで、ムキムキの肉体を目指すならこちらとなります。 ワンダーコア2

フットネスジムで見るローイングマシーンは、天井に届きそうな高いところからワイヤーを引き出したり、大がかりな鉄の塊のマシーンでした。こんなにコンパクトで、同様の筋トレができるとは、時代が進みました。しかも、6通りの運動ができるので、ジムの何台分もの効果があるそうです。

ワンダーコア2の場合は、ワイヤーが伸びてワイヤの反発力が、上半身をさらに引き締めることができるようになっています。これによって、腹筋と同時に有酸素運動が、同時に出来るそうです。 ワンダーコア2

届いたばかりの箱を見たことがありますが、予想以上にコンパクト。でも、重いので持ち運びは、男性でないと駄目そうです。

スポンサードリンク