スポンサードリンク

骨粗しょう症は遺伝する?母親の骨密度が低いならご用心

母親が骨粗しょう症だと子供も受け継がれるその訳は

長い間、骨や関節の痛みに苦しんできた義理の母は、心配したとおり浴室で転んで要介護生活を送っていますが、その息子の旦那もやはり腰やひざの痛みを抱えています。 牛乳とにぼし

旦那は、骨粗しょう症恐怖症の域に

さてその旦那は、ゼラチンを毎日飲み、牛乳を1パック飲むほどの勢いで、骨粗しょう症予防に余念がありません。

しかし、仕事が忙しくなるとやはりあっちこっちに痛みが出るようで、シップは常備薬となっています。パソコンの横の柱に釘を打ち、薬局からもらった湿布の入った袋が常に膨れている状態です。

整形外科の先生も決して多めに薬をくれるタイプではなく、ほとんど必要な分だけしか出してくれない医師なのに、何故か旦那だけは特別扱いです。整形外科を通いつめて、一箇所だけでなく、腰も膝もアキレス腱も肩もとあっちこっちが痛いと訴え続ければ、どんな堅物医師であっても薬を多めに出してくれるようになりますわよね。

おまけに『お尻が冷たい』と言い、『それは関係ないから整形の先生に言うのはやめておけば』と告げましたが、実はお尻が冷たいのもどうやら筋肉が硬くなっているせいで、関係が大ありだったようです。なんと、気の毒に。

骨の強さは、遺伝と刷り込まれた生活習慣で決まる

そんな旦那を見ていて、骨粗しょう症は遺伝すると確信していますが、骨密度の要因だけでもなさそうです。身体を動かすことが好きで、身体を動かすことを得意とするのは、両親の職業が農家で子供のころから、働く姿を見ているせいです。同じように、太陽の下で体を動かし、夜には晩酌を楽しむと言う生活習慣は、子供のころからつちかわれた生活習慣だと考えています。

母親が骨粗しょう症であれば、その子供も骨粗しょう症になると言うのは、物理的に骨密度が遺伝していることと、得意不得意な性格が遺伝していること、子供のころから刷り込まれた生活習慣との3つが関係しているって分かりました。 田園とリヤカーとかぼちゃのかかし

骨密度を上げるのは運動だけど、下げるのも運動

骨密度を上げるのには、運動が良いとされていて、何故身体を動かし続けている旦那の家族は骨粗しょう症になるのだろうって、いさいさか不思議な気がしていました。『運動すれば骨は強くなるって、言われているじゃない?』

ちょっと骨を構成しているカルシウムについて調べてみたら、運動するとカルシウムは失われることを知ります。スポーツ選手の中には、汗の中と一緒にカルシウムやナトリウムを排出してしまうので、ミネラル成分が豊富に含まれる硬水を飲むのだそうです。中には、カルシウムをサプリメントとして飲んでいる方もいるそうですね。

仕事内容がオフィスワーカーだからと安心してもいられません。なんと、ストレスによっても、カルシウムは減少するそうです。御用心、御用心。

スポンサードリンク

カルシウムは身体を動かすことで強くすることができるけど、常に補給をし続けていなければ貯めていた貯蔵庫のカルシウムは不足していくのですね。 サッカー選手

食べるカルシウムは吸収率によって種類がある

カルシウムは、食品によって体内に取り込むことができますが、その吸収率は年齢毎に下がっていきます。身体を作る成長期の子供が一番、吸収率が高く、高齢になるにつれて子供と同量のカルシウムを摂取したとしても、体内で活用される量が少なくなっていくのです。

吸収率は年齢だけでなく、喫煙や不摂生、ストレスと言った生活習慣でも下がります。

厚生労働省が定めた1日に摂取すべきカルシウムの量は1日600mgです。カルシウムの吸収率が高いとされている乳製品である牛乳の場合は、100gの中に含まれているのは110ml。

ところで、カルシウム毎に吸収率の高いものとそうでないものがありますが、その差は何でしょう?それは、イオン化率と腸管吸収率できまります。

カルシウムは体内で他の元素と結合していますが、この結合が切り離されることで吸収率が高くなります。腸管吸収率は、文字どおり腸での吸収率ですね。

多くの生活習慣を引き起こすカルシウム不足の解消の方法は、毎日欠かさず食事からカルシウムを摂取することです。特に働くお父さんは、子供よりお母さんより意識してとった方が良いということになります。

『毎日骨ケアMBP』を注文してみました

現在、雪印メグミルクグループで『毎日骨ケアMBP』のキャンペーンを行っています。50ml入りのドリンクなのですが、MBP®と言われる乳塩基性タンパク質が配合した健康食品です。10本入っていて、980円で送料無料なので、ちょっとお茶を1回飲むくらいの感覚です。

実際買って飲んでみました。 毎日骨ケアMBP

量が少ない事で、粒のサプリメント感覚で飲めることと、味が予想外にさらりとしていて癖が無いのが特徴です。 毎日骨ケアMBP

MBPとは骨密度を高める働きがあるそうです。消費者庁許可の特定保健用食品(トクホ)にも指定されています。成長期を過ぎた20代から50代の女性33名で実験を行ったところ、平均3%の骨密度が増加した結果が出ています。 毎日骨ケアMBP

雪印メグミルクは、牛乳などでもカルシウムに焦点を絞った商品が沢山販売しています。そうしたメーカーが、あえてMBPという特定成分を発表しているところから、なにやら効率よくカルシウム不足が補えそうな予感がします。 毎日骨ケアMBP

スポンサードリンク