スポンサードリンク

更年期の冷えはカルシウム不足が原因かもよ

カルシウム不足を補うのは簡単だけど、気になることも

職場で直ぐにイライラしていると、同僚に『もうあがっちゃったんじゃないの』なんて冗談を言われていましたが、もはや現実になりつつあります。月日がたつのは早いものです。

カルシウムが不足すると血中にカルシウムが増える?

更年期を快適に過ごすためには、冷えを和らげることだって以前記事に書いたことがありますが、実は更年期が冷えを引き起こすことがあるのです。(以前の記事: 更年期のホットフラッシュ! 顔は火照るのに手足は氷のよう) 女性がまっさお

原因は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が、減ることによるカルシウム不足です。常に骨は壊され作り直されていて、若い人で1年間に約20~30%は入れ替わっています。破骨細胞が骨を壊し、骨芽細胞が骨を作っていきます。

エストロゲンは、骨を壊す破骨細胞の働きを抑え、骨の吸収を緩やかにする働きがあります。もともと、女性は男性に比べて骨の重量が少ないために、骨の中に蓄えているカルシウムの量も少ないのが普通です。

骨の新陳代謝で使われるカルシウムを使われると、カルシウム不足になってしまうので、女性ホルモンがカバーしていたのですね。

カルシウムが不足すると、巡りが悪くなります。カルシウムの99%は、骨に貯蔵され身体の骨格を作るために役立っていますが、残りの1%は血液や体液、筋肉の中に存在しています。重量な役割は、血液中に存在し神経の働きを助け、イライラを沈めたりしてくれていることです。

カルシウム不足の状態になると、生命の危機になったと判断して、骨のカルシウムが血液中にどんどん流失し始めます。ここでカルシウムを食事などから充分に行われないと、さらに骨からカルシウムを取り出していくのです。その勢いは増し、血中に必要以上のカルシウムが増え、血液の流れを悪くするほどとなります。これがカルシウムパラドックスと呼ばれます。

冷え性を根治させるには、大元の原因のカルシウム対策を

カルシウムパラドックスが起きると、高血圧や動脈硬化が心配されますが、初期症状として瞼の痙攣やイライラ、冷えなどが起きるのです。

冷え性になった時、靴下や腹巻で暖め、食事は生姜や唐辛子と言った温め効果のあるものを先に思いつきます。サプリメントでも生姜を扱ったものが多いようです。

スポンサードリンク

でも、『更年期かも?』って思う年頃なら、カルシウムを摂取を心がけることです。カルシウム不足は、もはや骨折だけの予防に留まらず、高血圧や動脈硬化と言った将来恐ろしい病気に繋がる危険さえあるからです。

冷え性になると、さらに多くの病気や困った状況を引き起こしていきます。朝のお通じから始まり、風邪をひきやすくなったり、肌荒れを起こしたりと、生きる意欲さえ無くしてしまいそうな状況ばかり作り上げてしまいます。

スーパーの『すっきりCa鉄』は低カロリーでいいよ

カルシウム不足の解消は、簡単です。もっとも身体の吸収率が高いと言われているのは、乳製品だと言われていることから、良く知られている牛乳の摂取で、ある程度賄うことができます。

牛乳は太りやすいと考えている女性もいますが、低脂肪のものを選べば通常ものもの半分のカロリーで、それ以上のカルシウムを摂取することが可能です。しかも、値段も低脂肪の方が何故か安かったりするのです。

私がこの頃はまっているのは、『すっきりCa鉄 1000ml』です。理由は、低脂肪の割には美味しいし、ミネラルの配分率が魅力的だからです。

1日コップ2杯は飲みます。単純に、『すっきりCa鉄』は200mlで350mgのカルシウムが含まれていますので、700mgのカルシウムを摂取しています。厚生労働省が定義しているカルシウム摂取量は、600mgです。しっかりクリアしている!

体重も飲み始めてから変わりません。更年期に起こりやすい、イライラもこの頃無くなってきていますし、どうしてかホットフラッシュも抑えれれているのです。結構、気に入っています。

『すっきりCa鉄』の成分を、いちお記載しておきます。

  • エネルギー75kcal
  • タンパク質6.2g
  • 脂質1.2g
  • 炭水化物9.9g
  • ナトリウム93mg
  • カルシウム350mg
  • 鉄3.8mg
  • ビタミンD.5μg
  • ビタミンB12:1.0μg
もっと深刻なのと言う人は、サプリメントで

最近、カルシウムの体内吸収率が、高い成分としてMBPが注目されています。年齢を重ねるごとに、同じ量の牛乳を飲んだとしても、体が吸収するカルシウムの量が異なってくるのですね。 MBP広告

しかも、必要な成分だけを抽出したサプリメントなので、気になるカロリーをグーンと抑えることが可能なのが、女性にとっては嬉しい事実です。

先日記事に書きましたが、お母様が骨粗しょう症であるとか、自分の体型がやせ形であるならば、MBPの検討も有かと思います。液体もありますが、粒のリンクを張っておきます。

スポンサードリンク